アクセサリーに気を抜いたらオシャレは台無し

オシャレをするなら中途半端にしてはいけません。超高級なスーツを着るなら、アクセサリーもそれなりのものにしないと、ただのミエっぱりにしか見られません。スーツは20万円なのにベルトもネクタイも5千円では、スーツが死んでしまいます。ワイシャツもスーパーで買った形状記憶シャツでは、カッコ悪すぎます。スーツを豪華にするなら、アクセサリーもそれに合わせて豪華にしないとバランスが崩れてしまいます。

モテルオヤジは、トータルでのコーディネートがとても上手。モテないオヤジは、「スーツはアルマーニ」という情報だけで買い物に行くため、同じものを着てもまるでピエロのようになってしまいます。モテたければ、全身くまなく、それなりにオシャレすることが重要です。

女同士ではアクセサリーチェックから始めます

女性が他の女性を見るときには、まず指輪やネックレスなどのアクセサリーから始めるものです。どこの指輪なのか、いくらくらいものなのかを瞬時に見極め、自分よりリッチかどうか、あるいは自分よりリッチなボーイフレンドがいるのかどうかを判断します。女性は常に、人の持ち物に細かな目線を傾けているのです。男性の場合、相手がどんな指輪をしていたかとかどんなネックレスをしていたかなど、ほとんど気が付かない人が多いのですが、女性は違うということをしっかり念頭においてオシャレをしなければなりません。

女性がまず最初に見るのは時計です。男性はほとんどアクセサリーを身につけていませんので、腕時計くらいしか、注目するポイントがないのです。20万円のスーツを着ているのに、時計が1万円の安物なら、その人は「20万円のスーツの人」ではなく、「1万円の時計の人」としか見られません。スーツは、無理して手に入れただけのものと思われます。

ベルトも同じです。いいスーツを着るならベルトもきちんとしたものをしましょう。「見えないから大丈夫」などと安物をしていてはいけません。女性は1秒見れば、モノの良し悪しを判断できます。その一瞬で見下されてしまうのです。見えないところにお金をかけるのが、オシャレの基本です。

一点豪華主義のロレックスはみっともない

ミエをはって高級な時計をするのは良いのですが、「バカの一つ覚え」のようにロレックスをするのは、あまりカッコの良いものではありません。ロレックスという時計をしていいのは、思い入れの深い人だけです。その良さを全然わかっていないのに、ただ「有名だから」「高いから」という理由で買う人には絶対に似合いません。大した思い入れもないのに50万円のロレックスをするくらいなら、10万円で日本製の時計を買った方がはるかにマシです。

高級な時計であっても、毎日それしかしていないのであれば、むしろ「貧乏くさい」と言えます。10万円の時計を3つもっていれば、50万円の時計一つ持つよりもはるかにリッチです。特に革バンドの時計は、一日したら一日休ませるのは常識です。一点豪華主義は決してカッコよくないと知るべきです。

モテルオヤジになりたければ、時計やベルトなど、小物にもこだわりましょう。全体のバランスを考えた上で、スーツにマッチした時計、ベルト、ネクタイ、ハンカチをしていれば、トータルでファッショナブルになることができます。