チョイ悪オヤジがバンド結成!?

ライヴハウスなどに通い、よりディープにロックにハマって行くと次第にあなたもステージに立ちたい、と考えるようになるかもしれません。 しかし、楽器経験があるわけでもないし、この歳からじゃ…と諦めてしまっていませんか?

音楽をはじめるのに年齢なんて関係ありません。オヤジ世代かになってはじめて楽器を手にしたとしても、ステージデビューすることは可能です。

ロックがどうしてこれほどまでに市民権を得ることができたのでしょう?その最大の理由は演奏の簡単さにあります。
複雑な演奏技術や音楽理論なんか持っていなくても、楽器を手にすればすぐに楽しむことができるのがロックという音楽の魅力なのです。

まずは好きな楽器を手にしてみましょう!

あなたにぴったりの楽器は?

これからはじめる楽器選びの際に、多くの方が自分の適性を考えてしまうようです。確かに楽器によっては向き、不向きがあるのは事実です。 しかし、純粋に演奏を楽しみたいのであれば適性など考えずに自分の好きな楽器を選ぶようにしましょう。
楽しむことができなければ、続けることが苦痛になってしまいます。楽しむために音楽をするのですから、まずは好きな楽器を手にするのがベストです。

どの楽器が好きなのかもわからないのであれば、あなたの憧れのミュージシャンと同じ楽器を手にしてみましょう。 キースリチャーズであればギター、ジョンボーナムであればドラム、ジャックブルースであればベース…といった形で憧れのミュージシャンと同じ楽器を手にすることによってモチベーションを高めることもできるでしょう。

バンドのメンバー探しは?

楽器を手にして少し弾けるようになれば、さっそくバンド結成です。すぐにメンバー探しに入りましょう。

最近ではネット上でメンバー募集をすることができるようになっています。地域や年齢、活動頻度などまで指定してメンバー探しをすることができますので、すぐにあなたにフィットするメンバーを見つけることができるでしょう。

バンドを組むことによって、楽器演奏の上達のスピードは速くなります。一人ではクリアすることのできない壁であっても気の合う仲間と一緒であれば、楽しみながら超えて行くことができるのです。 そして、ステージデビューという目標が明確に見えてきますので、モチベーションの維持にもつながるはずです。

まだ自分の腕では…とバンド結成に躊躇する必要はありません。積極的に仲間を探すようにしましょう。

チョイ悪オヤジとロックは切っても切れない関係にあります。ロックにハマってしまったのであれば自分で演奏してみることも楽しみ方の一つです。 自分には無理だ、と諦めてしまうのではなく、まずは楽器を手にして仲間と一緒に音を出してみましょう。