ワルの必須アイテムといえば…やっぱりロックでしょ!

かつてはロックといえば不良の音楽と呼ばれていました。今日ではそこまでワルのイメージは強くはなくなりましたが、やはりチョイ悪オヤジには欠かすことのできない大切なアイテムの一つであるはずです。
いつの時代もロックはやはりワルの必須アイテムであることに変わりはないのです。

これからチョイ悪オヤジを目指すという方も、さまざまなロックンローラーのファッションや生き様を真似してみるのも良いかもしれません。 そこで、オヤジ世代の上手なロックの楽しみ方についてお話しましょう。

オヤジ世代のアイドルも現役!

あなたの青春時代に活躍していたロックンローラー…レッドツェッペリンやローリングストーンズ、ディープパープルにフーなどをよく聞いていたという方も多いのではないでしょうか?

もう今は引退してしまっているんだろうな…なんて思っていませんか?実はまだまだ多くのバンドが現役として活躍しています。

その代表といえばやはりローリングストーンズです。現在でも勢力的に世界中でライヴ活動を繰り広げています。 2014年には日本でもライヴを行い、健在ぶりをアピールしてくれました。元祖チョイ悪オヤジとも呼ばれるギタリストのキースリチャーズも相変わらずのバッドボーイスタイルでギターをかき鳴らしていました。

ツェッペリンはドラマーのジョンボーナムの死によって解散してしまいましたが、残ったメンバーは現役として活動しています。
数年前にはエリッククラプトン率いるクリームも期間限定ながら再結成を果たし、オヤジバンドの健在ぶりをアピールしてくれました。

ロックンローラーは若くありながらもうまく歳を重ねている

今日でも現役として活躍しているロックンローラーたちの共通点として挙げられるのが、いつまでも若さを保ちながら、うまく歳を重ねている、という点です。

人はいつまでも若くありたい、と願う反面、歳を重ねる楽しみだってあります。その両方を実現しているのです。
これこそ理想的な生き方なのかもしれません。そして、男性がこのような生き方をすることによってチョイ悪オヤジに近づくことができるのかもしれません。

オヤジ世代になっても現役であり続ける…これは簡単なようで意外と難しいものです。セックスにしてもそうでしょう。気持ちや性欲はいつまでも現役なのに体がついて行かない…なんてこともあるでしょう。そんな時は遠慮無くバイアグラの力を借りてみては?女性を求める気力が衰えていないのであれば、ガンガン向かっていくためにもバイアグラを常備しておくくらいの気概を持つべきです。実際に多くのセレブが愛用しているという噂もそこかしこで聞きますしね。

ロックンローラーの生き様を見つめて行けば、チョイ悪オヤジとしていつまでも若くありながら、うまく歳を重ねて行くコツを見つけることができるかもしれません。