羞恥心を捨てることの難しさ

あなたがチョイ悪オヤジになりたい、と思うのはどうしてですか?ほとんどの方は今の自分を変えたい、と考えているのではないでしょうか?

意識すれば自分を変えることは決して難しいことではありません。方法はいくらでもあるのです。ファッションを変える、考え方を変える、生き方を変える…そのどれか一つを選ぶだけでも、あなた自信を変化させることができるはずです。

しかし、どうしてそれを難しく感じてしまうのでしょう?その理由は変化することへの羞恥心なのではないでしょうか。

変わることは恥ずかしい?

年齢を重ねるにつれて、自分を変えることに対して羞恥心を抱くようになってしまうものです。長い間生きてきた中で自分自身をいきなり変えてしまうことには勇気が必要となるのです。

まず、気になるのが周囲の目でしょう。ある程度の年齢になると、人はあまり変化をしなくなりますので、その中で大きく変わってしまうととても目立ってしまいます。あの人、急にどうしてしまったんだろう?なんて思われてしまうことでしょう。

今の自分として生きてきた時間が長ければ長いほどに、変化することによって周囲から浮いてしまうような気がして恥ずかしくなってしまうものです。

小さな変化で自信をつける

変わることに対する羞恥心への対策として、まずは小さな変化をつけて変化後の自分に自信を持つようにしましょう。 生活スタイルでもファッションでもかまいません。ごく一部の人が気づくかな?くらいの変化からまずははじめてみれば良いのです。

これであれば悪目立ちすることもありませんし、周囲から浮いてしまう心配だってないでしょう。こうしてわずかな変化を自分に馴染ませ、「変わることができる」という自信をつけて行きましょう。

自信がついてから一気に変化をつけても良いですし、ちょっとした変化を積み重ねて行くのも良いでしょう。 自分にとってベストな方法を探しながらチョイ悪オヤジを目指してみましょう。

堂々としていれば、あなたが変化したとしても周囲は受け入れてくれるはずです。そのためにまずは自信を持ちましょう。 逆に自信なさげにしているとどんなに素敵に変身することができたとしても、それはクールでワイルドなチョイ悪オヤジとは言えません。

一歩近づくことができるはずです。