国産腕時計の魅力のわかるオヤジになろう

腕時計ブランドといえば、スイスのロレックスやオメガなどが真っ先に思い浮かぶでしょう。しかし、時計王国はスイスだけではないのです。
私たちの暮らしている日本にも多くのすばらしい時計メーカーが存在しています。

ブランド品といえばどうしても海外にばかり目が向いてしまいがちですが、本当に格好良いオヤジは国産ブランドの魅力も知っているものです。

そこで、今回は国産のすばらしい腕時計についてお話しましょう。

世界を驚かせたセイコーの技術力

腕時計の製造をすべて一貫して行うことのできるメーカーは実は世界中でもそれほど多くありません。その内の数社が日本にあります。あなたはご存知でしたか?日本だって立派な腕時計王国と言われる理由はそこにあるのです。
まず、その代表となるのがセイコーでしょう。

今やセイコーブランドは世界的にも高い人気を集めています。かつて、精度の面で世界最高の称号を欲しいままにしていたセイコーは時計王国スイスの名門ブランドを脅かす唯一の存在であったと言われています。

今日では当たり前になった電池式のクオーツ時計の量産を世界ではじめて成功させたのもこのセイコーでした。

そんな世界のセイコーの生み出した数々の腕時計の中でも特にチョイ悪オヤジにぴったりなモデルといえば、フラッグシップラインにあたるグランドセイコーでしょう。
デザインはシンプルな3針モデルが基本となりますが、その存在感はまさに国産時計の最高峰と呼ぶにふさわしいものでしょう。

実際に触れてみるとその質感の高さに驚いてしまうかもしれません。海外ブランドの場合、写真うつりは良くても、実際に手にしてみるとガッカリ…というケースも少なくありません。その点、セイコーの場合、逆に手にしてみなければその本当の魅力はわからないかもしれません。

まさに、違いのわかる大人のための腕時計…それがグランドセイコーなのです。

チョイ悪オヤジの遊び心を満たしてくれる

超名門のセイコーに対して、歴史はそれほど長くはないもののユニークな腕時計作りでチョイ悪オヤジの遊び心を満たしてくれるのがビーバレルです。

安価に複雑な機構を持った時計を生産する、という点では世界一と言っても過言ではないかもしれません。そのくらいビーバレルの腕時計にはさまざまなこだわりが込められています。

前述のグランドセイコーや海外ブランドと比較すると、ブランド力は決して強くありませんが、きっと遊び心ある大人の男性をアピールしてくれるのではないでしょうか?

こうして、考えてみると高い技術力を持った日本という国が良い時計を作ることができないわけがありません。
あなたも本物を見ぬく目を持ったチョイ悪オヤジを目指して国産腕時計にも目を向けてみてはいかがですか?