上司に正論を言えるか?

ちょい悪というと「少しわるい部分がカッコいい」というイメージがあります。しかし、大人の場合、ちょっと悪ぶるとかえってカッコ悪くなる場合がほとんど。「いい歳して」とか「中学生じゃないんだから」と思われる場合も多々あるのです。大人のちょい悪は少しひねる必要があるのです。

前田慶次がモデルです

ちょい悪を解りやすく言うと前田慶次です。歴史上の人物で傾奇者と呼ばれていました。破天荒な生き方をして、最後には直江兼続のもと、米沢藩、上杉家につかえたのです。戦国時代が終わり、秀吉の天下の全盛期から関ケ原の戦いのころを駆け抜けた人物です。民衆から非常に人気があり、秀吉から「どんなふるまいをしても許す(天下御免の傾奇者)」というお墨付きまで貰ったのです。

人気があった理由が「弱い人にやさしく、強い人の鼻っ柱を折る」ところがあったからです。また、義理堅いところもありそこが人々の心をつかんでいたのです。彼はもともと秀吉から「100万石で私に仕えないか?」と言われたほどの器量人。どこの大名に行っても2万石は下らない金額で仕官ができる、と言われていました。

関ケ原の戦いがあり、東軍である家康が勝ちました。その際、西軍にいた上杉景勝に付き従い、わずか1000石で仕えたと言われているのです。理由は二つあり、一つは上杉景勝を主君の器として認めていたこと、そしてもう一つが直江兼続と親友であり、困ったときには必ず助けるという誓いをたてていたからと言われているのです。上杉家は西軍に参加していたので、会津120万石から米沢藩30万石に領地を減らされていたのです。家臣の数は減らず収入は減る。当然家臣は離れていきます。領地の運営もママなりません。そんなとき、直江兼続は前田慶次に声をかけました。「君が来てくれれば皆の士気もいあがる。また、君の統率力やカリスマ性が必要だ。だから米沢藩に来てくれないか?出せるのは1000石だけど・・・」前田慶次はこう言ったそうです。「人間は起きて半畳寝て3畳。2合の米で生きるのみ。喜んで仕えよう」もう女性なら惚れてしまいそうですよね。

大切なことをきちんと言えるか?

前田慶次がカッコ良く、いまでも小説のモデルになるのは、奇抜な格好をしていたからではなく、武芸に秀でていたからでもありません。支配者に負けずに正しさ、義理を貫いたこと、困っている人を見捨てなかったことにあるのです。

秀吉が天下人になり、傲慢になってきたころ、秀吉が前田慶次の評判を聞き、自分の城に前田慶次を呼びました。そのとき慶次は、とても失礼な格好で城に登城しました。そして秀吉と対面した際に「自分はこんな芸がある」と言ってサルのマネをして秀吉をバカにしたそうです。これは「あなたは今は天下人としておごっているが、元々はサルと言われていた百姓あがりではないか?もっと民衆に優しくしなければ天下は保てませんよ?」という皮肉をこめていたそうです。秀吉もそれに気づき、前田慶次をおとがめなしにしたそうです。

もしもちょい悪を目指すならば、横暴な上司や先輩に「ビシッ」と言える度胸をつけることが近道かもしれません。出世や人間関係にひびくと思われがちですが、案外そんなことはありません。逆に「下手なことはコイツにいえないな」と思われて変なことをされないようになるはずです。また、同僚やOLから人気が出ること間違いなしでしょう。その一歩を踏み出してみませんか?