細マッチョはちょい悪オヤジの必須アイテム

メタボなちょい悪オヤジはあまり見かけません。ちょい悪な恰好をするにも、細身のほうが似合う服がたくさんあります。ぷよぷよしたちょい悪オヤジは、あまり迫力がありませんよね。ふだんは優しくても、いざというときケンカが強そうなのも、ちょい悪オヤジのイメージの1つです。そのためにも細マッチョをめざしてみませんか?

細マッチョになるためには、トレーニングが必要

細マッチョになるためには、ダイエットだけでは無理です。すくなくとも筋トレが必要です。トレーニングをしないダイエットは、体重は落ちていきます。しかし、筋肉まで燃焼してしまうのです。食事の量が減ると、まず消費されるのは筋肉だったのです。脂肪は燃焼させるためにはまず分解が必要。これはよくCMでもやっていますよね。エネルギーの摂取が減った分だけ筋肉が使われる。そうすると肌肉量は減っていきます。すると、基礎代謝が減るのです。基礎代謝とは、日常生活を送る上でカロリー数です。筋肉が減るとその量も減るため、必要なカロリーも少なくなるのです。つまり、食事の量を減らしても、どんどん体重が減りにくくなってしまうのです。これが「隠れメタボ」を生みます。隠れメタボとは、体重は適性体重より少し多いだけなのに、体脂肪量が多く、筋肉がすくない状態です。メタボよりも気づきづらく、成人病の予備軍でもあるのです。 これを防ぐためには、筋トレをしつつ食事のコントロールをすることです。筋トレをすることにより、筋肉を付けつつ、体脂肪を燃焼させることができます。筋トレをすると、成長ホルモンが分泌されます。これは筋肉を修復するため。筋肉は修復されると元のものより太くなります。これを「超回復」というのです。また、成長ホルモンは脂肪の燃焼を促進させる働きがあるのです。これにより体質改善がさらに進むのです。まずは筋トレが基本です。

ジムに通う

あなたがもし初心者ならば、ジムに通うことをオススメします。まず、筋トレはメニューが大事。その人の状態に合わせたメニューを組めないと、うまく筋肉は付きません。どこの筋肉をどの順番で鍛えるか、どれくらいの負荷で、何セットするか。すべてがつながっています。これはジムにいるトレーナーに任せるのが一番です。筋トレに慣れて、いろいろ勉強できてからは自分で作るのもいいですが、まずはトレーナーが作ったメニューをコツコツとこなしましょう。これがジムに通う第一の理由です。

また、ジムに行くとロードランナーがあります。筋トレに有酸素運動を組み込むと、効果的にダイエットを行えるのです。さらに、体重が減ると筋肉の見え方もカッコ良くなるのです。腹筋がなかなか割れないのは、筋肉量が足りないのではありません。脂肪が付いていて筋肉が見えていないだけなのです。腹筋が割れている人は体脂肪10%前後です。そのためにはどうしても筋トレだけでは限界があります。有酸素運動であるランニングを週2回程度、組み込みましょう。半年も続けていれば腹筋も割れていることでしょう。

最後のポイントがストレッチです。ストレッチはトレーニングの基本。筋肉を柔らかくしけがを防ぎます。また、血流量を増やすので、筋トレの効果が増すのです。ストレッチ、筋トレ、有酸素運動をして細マッチョになりましょう。そんな体ができあがれな、自然にちょい悪になっているはずです。