普段着+αで即チョイ悪に!

チョイ悪オヤジに変身するためには、まずファッションを変えること。しかし、いきなりすべてをチェンジする必要はありません。手持ちの服でも、+αの工夫をするだけで、チョイ悪に見せることはできるんです!

「チョイ悪にはなってみたい。でもあまりハードなものは…」と尻込みしてしまう男性もたくさんいると思います。いきなり服装の趣味をがらっと変えるのは、勇気がいるものです。また、その趣味に自分がなじむことができなければ、結局チョイ悪オヤジとして長くやっていくこともできません。ここでは、ピンポイントで「悪さ」を出すためのいくつかのコーディネートを紹介しましょう。まずはお試し的にチャレンジしてみてください。
ちょい悪オヤジの+αなアイテム盛りだくさんです⇒【楽天市場】【ちょい悪オヤジ特集】ファッション小物:マッシモ

私服編…無難+チョイ悪アイテム

せっかく集めてきたカジュアルな服を無駄にするのはちょっと…と足踏みしてしまう男性たちのために、+αでチョイ悪になれるアイテムを紹介します。

まずは、靴。カジュアルオヤジは、普段はスニーカーを愛用していることがほとんどでしょう。これを、オールデンやクロケット&ジョーンズといったブランドの品にチェンジしてみましょう。足元に高級品を持ってくるだけで、全体的な印象がぐっと華やぎます、
装飾品を工夫してみるのも1つの手でしょう。ピアスは仕事の事情で難しい、それにネックレスをつけるのは少し面映ゆい…そんな人には、腕時計でフツーな中高年と差をつけてください。何もロレックスやフランクミューラーを巻く必要はありません。ドルチェ&ガッバーナやDIESELなどに代表されるハイブランドの腕時計は、3万円も出せば、かなりデザイン的に凝ったものが手に入ります。

スーツ編…ネクタイとカバンで差をつける

本当ならばスーツ選びから十分な時間をかけたいところですが、ここでは手持ちのセットアップでチョイ悪になれるテクを紹介しておきます。職場の事情であまり華美なものを身につけられない人は、ネックレスやカフスといった装飾品はひとまず避け、ネクタイとカバンで「悪さ」をアピールしましょう。

ネクタイならば、たとえグッチやルイヴィトンの品を選んでも、3万円以内でかなり良い品が手に入ります。カバンに露骨なブランド物を持ってくるのは嫌味なので、高級感のある革素材の品を見つけてきましょう。おすすめの色は、ダークブラウンです。きちんと手入れをしながら長く使えば、経年による色合いの変化を楽しむこともできます。

「神は細部に宿る」という言葉の通り、全体をがらっと変えずとも、部分的に良い品を身につけるだけで、野暮ったい印象を吹き飛ばすことは可能です。ショップの店員さんと相談しながら、あなたに似合ったものを選んでチョイ悪になっていきましょう。